新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

夢旅と『大帝の剣』感想と推薦文_米国建国記念日_龍とタッキビーシによる過去と未来の菩提樹 (1980文字)

Shane Dorian,

Niijima, Tokyo

.

太陽の周りにヘイロー(Halo、光暈)があり、

その下には新島の美しい波。

見渡す限り誰もいない。

そんな日もある。

ひとりだったり、

友人と一緒に、

家族や、もしかすると、

こんな大師範シェーン・ドリアンの教えを受けられるかもしれない。

サーフィンというのは忘れられない瞬間がある。

Twin fin, 6’7″, 2019 Summer

.

これも忘れられない瞬間。

友人たちの笑顔があり、

そして新しい仲間が出来た日。

いつまでも楽しくサーフできますように。

夢枕獏さんの『大帝の剣』を読み終えた。

そこには、

2800年後、

ブラックホールに吸い込まれる宇宙と日本を舞台に、

地球上で集まったふたつの思想の宇宙人族。

地球人も宇宙人のように西洋思想と東洋思想に分かれていて、

争いは高度文明になっても絶えないという。

主人公たちも半端ではない。

徳川最後のお姫さまが伊賀忍者に追われ、

それを真田忍者衆が護る。

隕石が落ち、

それはどうやら宇宙艇で、

何がなんだかわからなくなり、

重要な宝石があり、

それを手に入れた途端、

激烈な天草四郎こと牡丹に狂妙な力が備わる。

幕府から天草四郎を斬れと依頼された宮本武蔵。

Musashi Miyamoto, ©Takehiko Inoue

井上雄彦作、宮本武蔵『バガボンド』 より

.

その舞台から四半世紀過去の巌流島では、

他星から不時着した意識体が、

虫の息の佐々木小次郎に乗り憑り、

土の中で26年間かけて生き還る。

服部半蔵、柳生十兵衞三厳、

ゴウタマ・シッダールタや耶蘇教の始祖たち。

さらなる主人公たちが、

あちこちで活躍し、

獏先生お得意のドロドロとなったり、

バラバラ、または粉々となり。

空海ファンとしては、

唐から持ち帰ったという黄金の独鈷杵(金剛杵)が登場し、

しかもそれが重要なアイテムというのがうれしい。

そしてドラゴン、

龍が宗教的にも思想的にも見事に描かれている。

主人公のひとりは、

今から1万2000年前に、

宇宙がブラックホールに流れ込んでしまうことを知り、

1万5000年前後のために思考を巡らす。

じつに広大で、宇宙的なストーリーです。

「多くの思想を受け入れた方が幸せだ」

そんな心持ちとなりました。

豊かで、感動し、

とっても思想的なので、

ぜひ読んでみてください〜!

映画化も漫画化もされているが、

もしスピルバーグが監督となっても原作にはかなわないだろう。

GALAXY EXPRESS 999

BY L. MATSUMOTO

これは銀河鉄道999の冒頭のコマ。

松本零士さんのファンと公言しているが、

キャプテン・ハーロックもすばらしいが、

思想的なことでは、

このスリーナインにはかなわない。

雨ですね。

今日は米国の建国記念日です。

政治的なことはここに書かないようにしているけど、

戦争や争いは大反対を掲げている一人であります。

今年の建国記念日は、

イランとアメリカ、

そして北朝鮮情勢を考えるとなかなか微妙です。

45歳のタッキビーシは、

太東岬から駅につながるレイライン沿いの椎木堰で沐浴していた。

琴平神社から温かい魂の布施を受け、

玉前神社の験力は、

胆力と眼力を倍増させ、

北部原の波洞にて、

坐して瞑想に入り、

さらなる悟りに達した(成道)。

さらに、

「タッキビーシは波に乗って上陸すること多くありて」

そうドラグラ文献にはあり、

これは彼が説く、

『上陸は成仏です。悟りの楽しみを味わえます』

ということであり、

ただ、この時点でタッキビーシは、

『悟りの内容を人々に語り伝えるべきかどうか』

を考えているのであります。

真理とは何か?

世間の常識とは?

「(悟った)この法を説いても、

サーファーたちは途中でプルアウトして、

上陸=悟りの境地を知ることはできない。

もし私がここに語ったところで徒労に終わるだけだろう」

との結論に至った。

具体的には、

「このことは黙っておこう」

そんなことになってしまった。

そこにやってきたのがトロちゃん。

トロピカル松村の名前で知られる辣腕編集者です。

彼は上の写真のような1960年代とか、

下の’70年代、

そして80年代のことを知り尽している。

タイムマシンを持っているトロちゃんは、

タッキビーシのこの思想に強く共鳴し、

「上陸こそが原点回帰、

つまりレトロマインドですので、

タッキビーシがその方向からソウルサーフ光線を照射し、

そしてボクがこのビンテージタマシイを世間に多く広めます」

そんなことになった。

私はキャッチサーフのログで、

フェイドターンの超感覚に震えつつ、

前田博士の未来派ソウルにも目を細めるのでありました。

『サーフィンは自由な心でするもの』
『極み(上陸)はトウタツ(到達)です』

それぞれの達人の言葉をここに残し、

珠丸等の原稿に励む雨の日とします。

【特大号】未来のサーフボード、エウレカ_感嘆符だらけのインプレッション_ヨハンのフィン完成!_(2556文字)

Happy Surfing!!