新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】レイルワーク=接着_ビーチ基地の有効性_ちょっぴり昔話_(1287文字)

Tyler Warren’s Dream Fish 6’7″

Nakisurf Original Twin

.

切り立った斜面。

オンショアでなのか、

波が出来立てだからか、

やたらと斜面が揺れた。

波から振り落とされないように、

押し出されないように波壁にレイルを立てていた。

これをレイル・ワークという。

ある具体例がこの『接着』である。

詳しくは以前書いたので省略してしまうが、

(巻末リンク*1を)

インスタグラムにそんなことを投稿しようとして、

英語にするにはどんなものだろうか?

日本語で考えると、

どこにも意味が伝わる単語はなく、

結局は行為であるPressureを派生させて、

Pressurizeを使ってみた。

プレッシャーライズとは、

圧を正常に保つという意味。

どうでしょうか?

これがなかなか近いという判断です。

若きバレルマスターのアンジェロが、

奥さんと、

赤ちゃんを連れてブレイクまで来ていた。

彼はこうして基地を作って、

彼女たちがくつろげるようにしていた。

基地を作るのは、

私もやるのだが、

飲食や音楽を持ち込んで、

喉が渇いたら、

疲れたら、

混んできたら、

するりと上がって、

波を見ながら一休みする基地の有効さをここに。

これは数年前の私の車内。

チャンネルは自分でシェイプしたもので、

真ん中の6’2″は、

いつかどこかでかなりの波にも乗った幸運なるUNX-Sだ。

[特大号]さよなら総帥ジェダイの騎士よ_BLUE誌の文体で書く伊豆の旅_(3131文字)

さらにさかのぼって、

今から8年前に、

NAKISURFサンクレメンテ店があった。

詳しく書くと、

私が刷ったTシャツや逸品の衣類系の店だ。

(巻末リンク*2に)

そのときにお世話になったのが、

サンオノフレ・サーフカンパニーのディーンだ。

彼が大家で私が店子。

そんなことで知り合って、

今では彼の親友であるジョーイに譲り、

その卓越したクラシックさで、

上級なるサーフブランドとなり、

ディーンは奥さんの故郷エクアドルに越していったけど、

ブランドは今も太く続いている。

伊豆にも一緒に行ったヘイリー。

彼女が使う

「サンオノフレ・サーフカンパニー・ブランケット」

のIGポストがあったのでリ・ポストしたのがこちら。

私があそこにいた頃からあるメキシコ・ブランケット。

とすると、

9年間に渡る定番商品で、

もっと書くと、

NAKISURFの福袋にロゴ無しでこれを入れた年もございます。

薄れゆく年月を思いだした日。

ちなみに本日は高知龍馬マラソンで、

これから大雨の予想である。

京都のみやさん(@miyata1717)は、

「(雨だと)シューズが濡れて足裏がふやけるので、

マメ対策をしなくては」

そんなようなことであるらしく、

福井の@fgver2さんは、

「土佐鶴の純米酒をやっています」

とおっしゃる。

こちらは高知ムロトは、

日本酒の産地なので濁り狙いですと返信して、

日本酒の和がつながっていった。

これは長女カイラがいる中央カリフォルニア。

色彩が艶やかで、

この乾いた空気感も伝わってくるようです。

【巻末リンク:接着とは?】

【サーフィン研究所】タヌ・ビーチ模様_接着の具体例_(1854文字)

【巻末リンク*2:サンオノフレ・サーフカンパニーとNAKISURF】

本日二度目のブログ(下)_趣味のスクリーンプリント_Seea(シーア)のサーフスワップミート@デウス_アボットキニー通り_クリスチャンの日本語_(2447文字)

Happy Surfing!!