新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【スカイアンドシー・ムロト】一粒万倍日+天赦日+新月+日食でスカシー・カフェ開店記念日!_(1827文字)

2020.6.21

.

今日は『一粒万倍日』と、

『天赦日(てんしゃび)』、

新月、

さらには日食が重なる日です。

スカイアンドシー・ムロトというゲストハウスがあり、

その中庭と空海の間を使用して、

『スカイアンドシー・カフェ』がオープンしました。

(高知県室戸市)

青空洋平くんは、

灯(ともしび)ワークスのエース。

彼がカフェを取り仕切っています。

私たちは親しみを込めて「ゾラやん」と呼んでいる。

清潔王で、

炎のヴォーカリストであり、

食の調律士でもあります。

それにしてもちょうど万倍、

月食、

新月、

天赦日というのも奇遇である。

スカシー・カフェの詳細は後ほど書きますね。

今日は部分日食。

いろんな人から話題に上っているが、

国立天文台の情報によると、

こんなことになっていた。

今回の日食は、

南になるほど「食」が増えるようで、

ここ高知は、

およそ京都と福岡のあいだなので、

どのくらいかを想像していた。

Nation The Connector 6’5″

Playa Negra, Costa Rica

Photo by Tony Roberts(巻末リンク)

.

昨夜は暑かったからか、

コスタリカにいる夢を見ていた。

夢の中は長い波が永い波となって、

どこまでも滑っていけるのだった。

さて、

スカイアンドシー・カフェ。

私たちは敬意を持ってスカシー・カフェと短くしている。

ちょうどコロナ騒動直後なので、

窓などは開け放ち、

テーブルも一組ずつという使い方をしています。

これは空海の間。

中庭カフェであるので、

昨日のように晴れた日は、

室戸岬の風を受け、

思想というか心が開く。

ここには不思議な土地パワーがあり、

空海がここを修行の地に選んだことがわかる。

これは空海の書。

飛白書を含む雑体書で、

私は「文」という文字と、

「書」にゾクゾクするのです。

万倍日に何かを始めると、

「たわわに実る」とありました。

その地に建てられたスカイアンドシー・ムロトは、

「おいしいもの研究所」を掲げて、

有元くるみさんを名誉教授に迎えたことはいつか書いた。

(巻末リンク*2を参照ください)

私たちが日々切磋琢磨しているキッチン・カフェなので、

ピザなどはこうなる。

一口サイズのピザは、

真正イタリア流の薄い生地に逸品チーズ、

室戸の西山台地にトマトやタマネギであり、

スタッフイチオシの「半田素麺」にしてみると、

麺は「阿波踊り」グレードであり、

「たむらの卵」、

出汁は石鯛出汁(日替わり)で、

これに昆布出汁のビーガン選択も可能で、

オクラ、生姜、大葉、ナス、ズッキーニ、

そして前出のトマトで一揃い。

本日のメニュー一覧。

ロータス・カレーの豚肉も国産で安全なもので、

たむら玉子と真正生クリームによるセミ・フレッド、

渾身のコールド・プレスジュースと続き、

獲れたてのすだちを使ったモヒート、

そして自慢のスパークリング・ワイン。

牛乳は佐喜浜町の特濃銘品であり、

ビールは館長が好む

「軽いテイストの瓶ビール」であり、

「お水がおいしい」

そんなお褒めをいただき、

そのおいしさはこの高性能浄水と、

室戸の水のマリアージュなんです。

そのお水を使って、

灯火ワークス・ブレンドをハンドドリップ、

または水出しアイスコーヒーをお選びいただけ、

カマアイナ(ハワイの地元民割引)と同じ、

コーヒー・スタンプも発行しています。

気になる除菌は、

世界一の次亜塩素酸水である

『クリーンファイター』をたっぷり使って、

ナノバブル除菌をしています。

中庭側はこのような配置で、

日除けパラソルがあるので、

このようなパーティとなる。

手前が室戸ジオパークのガイドのみなさんが、

仕事帰りに寄っていただき、

もうお一方は、

このブログの愛読者でもあるサーフィンが大好きな

「クワイエットファンク」の方々。

バス釣りでトップ好きの方には、

おわかりになられるでしょう。

スカシー・カフェは、

本日17時まで営業しております。

全ての品がテイクアウトできますので、

こちらもどうぞご利用ください。

@sky_and_sea_muroto

昨日の初日閉店後、

およそ17時30分頃の河合館長。

人格者でもある館長が大好きな半田素麺と、

スパークリング・ワインで乾杯しました。

お越しになってくださった方々、

ありがとうございました!

【巻末リンク:コスタリカのコネクター】

とっさのスピン_最も感動した石器時代風のクリスマスディナー_(1539文字)

【巻末リンク*2:有元くるみさんは大教授】

【サーフィン研究所】日本の対岸、対をなす竜の向き_タイラー・ウォーレンとの昨夜_スカイ アンド シー・ムロト_NAKISURFカレンダー_(2019文字)

Happy Surfing and Happy Life Style!!