新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】土佐のイチバン!_(1322文字)

September 23rd, 2020

.

「今年イチバンです!」

パドルアウトすると、

普段は感情をあまり見せないティムが、

うれしそうにそう言った。

ティムは、

「波乗りの達人」

として知られていて、

この界隈のサーファーにとっては、

エピソード4(スター・ウォーズ)の

オビ=ワン・ケノービという表現が最も的確だろうか。

こんなバレルもあんなバレルも、

チューブも穴蔵もみんなメイクしてしまう。

60歳台なのにこの実力は、

昔だったら魔法使いだと思われたことだろう。

ティムの卓越したサーフ力は、

長い経験と、

探求力や洞察力によって培われたものだ。

そして健康だということも重要だろう。

お名前はわからないが、

氏によるすばらしいドロップがあり、

長いバレルもあった。

速く、

強く、

硬い斜面の凝縮というか、

そんなことだ。

シャッチョ三部作で、

ここではすっかりとおなじみとなった社長。

そのシャッチョのセットアップに息を飲んだ。

(シャッチョ三部作については、

巻末リンクをご覧ください)

波乗り不動明王として知られるノブ氏。

ロングバレルの伝説や、

大波のフェアリーテールを持っている。

完璧な地形がこのような波を生みだす。

200m以上沖なのに、

足が付くほど浅い。

そしてまた、

砂利や石だけで形成されているので、

この速度で海底に当たるのはかなり危険だ。

ハイカラMのセッティングに、

偉人タマちゃんが歓声を上げていた。

こちらはチェリーさん(錯乱坊©うる星やつら)。

社長の友人で、

年季の入った見事なウェーブ・ライダーだ。

類い希な波のパワーで、

ロケットのように押し出されるのを、

レイルとテイルで抑えつける。

Tyler Warren 2+1 / 6’5″

Greenough Center + Vektor VMK

.

私は、

ギリギリまで波を待ち、

波先に引っかけて、

このタイラーの銘板を波底に落とし続けた。

これは二本目。

まん丸で、

大きなバレルを得た。

バレルの距離が相当あったので、

高いラインで滑走したかった。

なので、

この位置でレイルを切り替えた。

完璧な位置だったと自負している。

ここからレイルと、

テイル加重だけで高速滑走が始まるのだ。

丸く、

蒼く、

美しいバレルを見た。

ここからフルスピードで突っ走る。

なかなかこんなことはないものだ。

バレルはさらに大きく、

丸くなり、

そして私は速くなった。

波壁とサーフボードが、

たった一ミリ程度しか、

接水していないかのような錯覚に陥った。

このセクションは、

今まで持ち上がっていた壁が瞬時に下がり、

穴蔵を小さく変えた。

視界が暗くなった。

さらに体を小さくまとめて、

波の押し出しを感じながら滑っていく。

波のエネルギーが凝縮されていて、

ピュアなスリルと、

宇宙的な視界が続いていった。

シャッターはここまでしか押されておらず、

もっともっと滑っていって、

最後の最後まで行ったのだが、

運が悪かったのか、

縁がなかったのか、

メイクこそはできなかったが、

「ものすごい波」

という記憶を残した。

台風による波はまだ続いている。

【巻末リンク:シャッチョ三部作とは?】

【サーフィン研究所特大号】WBPの円月殺法_ネムリ・キョウ・シャチョー_(2088文字)

Happy Surfing and Happy Life style!!