新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】おいしいもの室戸でチューチュー・ガタゴト_(1206文字)

Kira, Muroto, Kochi

.

おいしいものであふれる高知県。

西海岸の吉良川エリアは、

隣り合わせの西山台地と合わせて

フランスはヴォーヌ=ロマネのような奇跡的な土地です。

その夕陽に遭遇すると、

視覚が意識に到達し、

まるで感電したようになった。

Catch Surf® Skipper Fish Ⅵ 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK

.

また岩場でチューチュー・ガタゴト。

(巻末リンクを参照ください)

高知編が始まった。

早くみんなに会いたい。

スカシーこと、

スカイ アンド シー・ムロトでは、

試作11回目にして、

マリー・アントワネットやヴェルサイユ城を幻視させるものとなった。

さらには前出した吉良川のはちみつや柚子、

西山台地の金時、

海洋深層水にスーパーフードである抹茶とカカオニブ。

これでフランス由来の伝統はまるで、

『室戸の人を招いたプティ・トリアノン宮殿の舞踏会』のようになった。

さて、

まだ吉良川地区。

ここに道の駅の名店

『キラメッセ室戸』があるが、

道の駅好きの私にとってトップ5に入るほどの品揃えが魅力だ。

ヤマモモが出回り始めたらしく、

あっという間に地元の人が買い求めて完売してしまった。

土佐の人は旬のもの、

初ものが大好きなんですよとは、

スカシー館長の河合和尚。

では、

この法王誕生日のサバが380円というのはどういうことなのでしょうか?

河合和尚にそう聞いてみると、

「サバ読みの忖度ホーオーホーオーということでしょうか」

そんな完璧な回答にうれしくなって法王に連絡してしまった。

鉄人シェフというのか、

さすらいの料理人タケちゃんが手がける室戸ピクルス。

「室戸のシェフ」そう書いてしまうのは、

自身が書いたからに違いなく、

なかなか自分のことはほめられないのだと、

このPOPからもわかった。

食材いろいろを買い求め、

今度は室津港は、

津照寺の下にある『浦戸屋」さんへ。

ここはいつかも書いたが、

魚類シンジケートのボスが経営するアンテナ店で、

それはそれはの銘魚が揃いつつ、

直売破格値で地元の人はもちろん、

遠くからこのお店を目当てにやってくる人も多い。

(巻末リンク*2、*3を参照ください)

傷キンメダイなどをよく求めるが、

この日は25kgのクエが水揚げされていて、

鹿児島ちゃんこ鍋のレシピが浮かんだが、

旬のカンパチを一サクいただいて、

「おいしいもの研究所」で、

野菜と海藻のディッシュから始めて、

さまざまな食の研究をさせていただいた。

本日は大谷翔平くんが二刀流で登板ということで、

NHKBSでのライブ観戦が楽しみの日でもあります。

【巻末リンク:チューチュー・ガタゴト】

【サーフィン研究所湘南編】サーファーズ岬パドルアウト3日目と4日目の心境_(1017文字)

【巻末リンク*2:室戸の名店】

【サーフィン研究所】シェーン・ドリアンとオモツライ_ECフリーライド_室戸おいしい_(1215文字)

【巻末リンク*3:室戸の名店2】

【サーフィン研究所:テクニック編】テイクオフは張り付くのか、落とすのか?_大浦戸屋伝_市内とNALU誌_釣りキチ三平の芸術品_(1476文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyle!!