新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所渾身号】艶やかな温度の睡蓮と瑞々しい少年ゼン_ミソスープ・マンとスカシーT_ハニーバタートースト+アイスクリーム_(1098文字)

本を読んでいると、

「豊満な体温」という表現があり、

そこでしばし止まるほど感動してしまった。

これを艶(つや)やかしい単語として理解するとともに、

その暖かい温度感が伝わってきた。

名表現である。

華厳さんが昭和から主宰するジャーナル(季刊)の163号を拝見した。

この号の巻頭コラムは、

『睡蓮淵の古典的な整序』という題名だった。

.

印象派美術館

オランジュリー

こんな始まりで、

ことごとく熱い文字がしたためられていた。

ただし、

わりとエンスーな内容なので、

久保田さん(クワイエットファンク)あたりがお好きな文体でもあるだろうか。

コラムの主題となった絵画を見てみると、

なるほど、

印象派の池から暖かいものがやってくる。

10月。

NAKISURFカレンダーの卓上版はこの写真だ。

美しい斜面をフィンレス・トリムで駆け抜けるゼン。

これは昨年の晩秋ごろ撮ったものだ。

今年は夏の終わりにゼンに会えた。

そうすると、

ゼンと会うのは秋が多いということになる。

「秋はええのう」

私の大好きなローカルサーファーがいて、

彼が緑に染まった山々を見上げながら言った言葉だ。

「昔はの、

台風が来ると、

あの岩の向こうからよ、あんの向っこうまで乗れたけんね」

そんなことを教えてくれた。

その距離およそ600m。

広大な波だったのだろう。

テトラとか、

堤防とかが入って浜が痩せちゃいましたね。

そう言うと、

哀しそうな顔をしてうなずいた。

The One / 6’4″x 19-5/8″ x 2-5/8″

Shape, Design and glass by @hiroyuki_maeda

Nakisurf Original Twin-Fins

Photo by @zenichifujisawa

.

この連続写真はゼンが撮ってくれたもので、

セクション・メイクするためにしたトップターンが写っている。

道の駅の定食の味噌汁が顔に見えたので一枚撮ると、

蛍光灯の映り込みまでが口となって参加しているのだった。

バター(マーガリン不可)をパンの上においてよく焼き、

そこに蜂蜜をかけ、

バニラ・アイスクリームをのせたものがこれ。

ジローは、

運動会の翌日にこれを食べ、

「めちゃうまい!!やばっ!」

そんな名言を残したという。

マグやんとスカシー河合館長。

スカシーTとゲンゲンTがいいですね。

カラニ・ロブは、

キャッチサーフの魅力を代弁する一人だ。

楽しくサーフしましょう〜!

【巻末リンク:華厳さんとタロジロー/スカシーT】

【サーフィン研究所感動号】精神世界&時代のフォンターナ・カットバック_スカイ・アンド・シー・ムロトの『Muroto Peaceful 1969』_(1422文字)

【巻末リンク*2:カラニ・ロブ=カラちゃん】

カラニ・ロブとウエイブ・バンディット_ワイメア・インビテーショナルのスポンサー_ベンチュラハイウエィ滞在回想_ウナクネ誕生会_ブラッド・ガーラック_(2055文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!