新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所:感動号】空海の見た夢と私が見た夢波_(1476文字)

Misaki-cho, Muroto

.

空海は延暦23年(804)5月、

第16次遣唐使船で唐へ渡った。

だが、運悪く無慈悲なる大きな台風が遣唐使船団を襲い、

4艘の内、

2艘が海に沈んでしまった。

それでも空海をのせた船は、

目的地から大きく外れた唐(中国)の南になんとか流れ着き、

そこから長安へ徒歩(かち)で目指したという。

その距離2400km。

このときのことを空海は、

「星に発ち星に宿し、
晨昏兼行(しんこんけんぎょう)す」

後の文献にそう残している。

この文章の意味は、

朝はまだ星があるときから出発し、

夜星が出るまで歩いて眠るという過酷なる表現だ。

(明日に続きます)

波が出た。

キリキリするほどに硬い波に乗るのは、

4月20日以来なので、

じつに四か月ぶりのことだった。

前出したようにこれまでは、

波という波がなかったのだが、

台風8号からのうねりが突然上がってきたと、

友人たちからのメッセージや電話があった。

スカイアンドシー・ムロトから南に下り、

2年前に忘れられない波を得たあの場所に行ってみると、

まんまと波は来ていた。

ただの硬い波だけではなく、

超ロング・ウォールの夢波だった。

これまでの波が小さかった日々を想い、

冒頭に書いた『晨昏兼行』という言葉が浮かんだのは、

それでもきっとどこかでこの波質をイメージして、

土佐や千葉でサーフィンし続けたからで、

こうしてしっかりとサーフできることにうれしくなった。

Tyler Warren “The One Off 2+1” 6’5″

Greenough Center 8″+Vektor VMK

.

仲間だけの、

かけがえのない時間となり、

忘れられない波乗りの記憶を焼き付けた。

午後になると、

徐々に波が下がってきた。

波高が上がる波情報だったので、

これは潮位のせいなのか、

または台風がそれたのかと、

思いを巡らせていた。

タイラーの偉業というか、傑作のひとつ2+1。

このボードを持ってきて良かった。

ベクター・フィンの新作VMKの速さが、

やたらとうれしい日となった。

Eiji Kawai (Sky and Sea Muroto)  on

Catch Surf® Skipper Fish 6’6″

.

スカシー館長の河合さんは、

「こんな波に乗れるとは、感激です!」

そう言って土佐夢波を駆け、

Maguyan on

Catch Surf® Skipper Fish 6’6″

.

マグヤンは、

「あーなんか怖いな。けれどサーフしちゃおう」

そんなことをブツブツ言いながらパドルアウトしていった。

結局ほぼ一日中サーフして、

「疲労困憊」という書けない漢字状態になり、

フラフラとスカシーに戻ってきたのが20時。

それから河合館長監修、

有元くるみさんを名誉教授とする「おいしいもの研究所」で、

漁師の方からいただいた獲れたてキンメダイ2尾をマグヤンがさばくと、

辺りはウロコだらけとなった。

顔にも頭にもウロコをまとい、

目からウロコが落ちた。(笑)

研究発表は、

フレンチからのインスパイアとして、

『キンメダイのユズ・ポアレ』

そして割烹料理と、

空海が活躍した長安のコラボと想定して、

「青龍寺キンメ」を希求し、

それらをゆっくりとおいしくいただき、

なんとかベッドまで辿りついたら23時になっていた。

あますところのない日。

空海の日々は、

きっとこんなことだったのかもしれない。

全てにありがとう。

FYIとしての天気図をここに。

【巻末リンク:2年前の同地、夢波】

180808無人激烈パーフェクト妖怪変化波発見!_(1404文字)

Happy Surfing and Happy Summer!!