新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

ECミニペリカン7’2″_輝く景色を得る方法_バリー・マッギー大師_(1070文字)

EC Surfboards

Mini Pelican (Glide-O-Rama) 7’2″

.

Miller’s Quiver of the EC Surfboards

Swallowed One 8’7″

Super Sled 9’6″

Mini Pelican (Glide-O-Rama) 7’2″

.

Mini Pelican (Glide-O-Rama) 7’2″

.

ECこと、

エリック・クリステンソンのボード一式が使えることになった。

これもミラーが自身のコレクションを放出したおかげであります。

先週から8’7″に乗り込み、

次にこのミニペリカン7’2″に夢中になっている。

痛めている後ろ膝が使えないので、

そこまで低い体勢にならないようにするために、

普段よりも大きなラインを設定し、

そこをトレースするだけで、

どうしょうもないほどの興奮がやってくる。

美しい波の上に常に反射する煌めきを眺めていると、

大きなうねりによって水平線が持ち上がる。

閃くようにボードを沈め、

ピークに向けて解き放つのと同時に強いパドリングを入れ、

腕を開き、深く沈め、重く、長く、

そして大きく漕ぎ続けながら、

ある一点で翻すようにボードを回し、

そしてインパクトパドルを1回、

もう一回と入れ、

さらに深く重く漕ぐと、ペリカンは波斜面を滑り始めた。

その上に跳ねるように立ち上がり、

そして感じるままにペリカンを傾けて

煌めく光線の中に飛びこむように乗り続けていった。

また1本、さらに1本、途中からまた乗って、

ずっと待って1本。

もう1本。

腕が上がらなくなるほど乗る続けると、

その純粋かつふくよかな心象は、

ありとあらゆるものにしみこみ、

ペリカンという名のサーフボードは輝き、

景色はどこまでも澄んで映ったのだった。

[近況報告]

リハビリサーフ&ボディサーフのおかげで、

膝はここまで曲がるようになりました。

(巻末注釈リンク*1を参照ください)

DFW大師のバリー・マッギーのなにやらのショーがあって、

「行きます行きます」と大師と約束したにも関わらず、

気づいたら月が変わってしまっていた。

(巻末注釈リンク*2をご覧ください)

割と近くにいたのに残念。

割りとというのは、

サンクレメンテからサンタバーバラまでは180マイル、

288kmもあるけど、

空いていれば3時間と少しの距離です。

【巻末注釈リンク*1:ボディサーフというサーフトレーニング】

VLOG【動画ブログ テクニック編:グレイトサーファーへ向けて】ボディサーフ動画_(675文字)

【巻末注釈リンク*2:バリー・マッギー展@サンタバーバラ】

DFWバリー・マッギー展_サーフィンの真意とは?_(2105文字)

Happy Surfing!!