新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所特大号】沖縄ハッピーサーフィン受講日の模様_きんちゃんのトムカレン_(1936文字)

Ryugyu God at Ojima, Okinawa

.

掲載が少々遅れたが、

これは南部で受けた

『ハッピー・サーフィング』受講の記録だ。

講師は元WCTトップサーファーのダニー・メルハド。

つい先日、

サーフィング界の殿堂入りをケリー・スレーターと共に果たした。

その気持ちについて聞いてみると、

「”シンプルな人生”を目指しています。

よってこういう賞賛等は受けますが、

オリオンビールをいただいた方がうれしいね〜」

とおっしゃっていた。

講師=師範は、

同じハッピーサーフィンを掲げ、

ここオキナワでたくさんのハッピーな芽を育んでいる。

ダニーは、

どんな困難でも笑顔というのが頼もしくもあり、

そしてハッピーサーフィンというかんたんなことも、

彼レベルですら難しいという現実を思い知らせてくれる。

Photo by @happysurfingokinawa

ダニーの敬虔な生徒であるナッキーは、

師匠の教えをかたくなに守り、

昨日も激浅リーフのバレルを抜けてきた。

Photo by @happysurfingokinawa

師範はジェダイの騎士のオビワンケノビにも通じているので、

フォースを操りつつ、

毎晩オリオン・ビールでサタデーナイト・フィーバーしている。

人生の達人であり、

明日は明日という達観を持ってこの生にのぞんでいる。

(師範については巻末リンクを参照ください)

ただ、

サザンスターはビールじゃなくて発泡酒ですよと指摘すると、

「(私は)コストパフォーマンスよ」

というようなことを言った。

記憶があいまいなのは、

英語での会話だからで、

私の語学力はたいていそんなものである。

Photo by @happysurfingokinawa

大きめのスキッパーフィッシュで滑走するナッキー。

初心者だと思っていたが、

サーフィン歴5年目となり、

上記したように私たちよりもバレルを抜けてくる。(本当)

Photo by @happysurfingokinawa

こんな浅いのにケガをしないのが不思議だが、

ワイプアウトしなければ、

ケガをしないという原則がある。

いつかの蹴り出しサーファーはこれを何度も読むように。(笑)

(巻末リンク*2を参照ください)

Catch Surf® X Nakisurf Special Skipper Fish 6’0″

Nakisurf Original Twin + Vektor VMK (rear)

Photo by @happysurfingokinawa

.

ダニーはサーフィンの危機がお好きなようで、

こういうテイクオフを最も喜んでくれるのは彼だ。

Photo by @happysurfingokinawa

これを書きながら挑戦あるのみだと背筋を正すのだが、

これは何ごとにも通じる道だと、

いまデザインしているコミュ誌やZINの編集デザインに勤しんでいる。

(近況ね)

このハッピーサーフィング・オキナワ・セッションには、

『ホワイトジャック』で知られるドクター山本さんが見守ってくれていたので、

もし万が一何かあっても安心できた。

ドクターは『サーフィン研究所』の医者であり、

総料理長と同じリアルでもそうなのである。

アオサの季節らしく、

この緑をはぎとって味噌汁に入れると美味だという。

沖縄本島モズクもそろそろ旬になってきた。

こちらが総料理長渾身の一皿。

イタリア・ピエモンテ州の白ポレンタと、

炙った旬のクエにキャビアと、

鎌倉野菜のフヌイユ(フェンネル)とブロッコリーを添えて。

銀座の超名店『ベージュ』でのヒトコマだ。

(巻末リンク*3を参照ください)

Tyler Warren’s “TC” 6’8″ x 22″ x 22-5/8″

.

きんちゃんがタイラー・ウォーレンのワンオフである

『TCのモデル(トムカレン・モデル)』をゲットしていた。

これでサーファーズ岬もさらなるサイズが攻略できますね。

きんちゃんの友人は、

年齢が45歳も離れているユウヤくん。

サンタクロースからいただいたキャッチサーフで、

今日もハッピーサーフィンしましたと伝えてくれた。

(その日については巻末リンク*4を)

神がかっているほどおいしい

『イルガチェフェ』

マンダラ・コーヒー謹製でございます。

@mandalacoffee_japan

先日も書きましたが、

私の新作コラムが巻頭に掲載あれているBLUE誌が発売中です。

どうぞよろしくお願いします。

【巻末リンク:ダニー・メルハドについて】

【日英版サーフィン研究所沖縄道場特大号】ジェダイ師範ダニー・メルハドのこと_オリジナル・フィッシュ・タコス_(5733文字)

【巻末リンク*2:蹴るな!】

【サーフィン研究所特大号】一緒に乗らないこと、決してボードを蹴らないこと_基本3_(2808文字)

【巻末リンク*3:リアル総料理長ならこれ】

【サーフィン研究所特大号】 小島さんの天界味覚とハッピーサーフィンの絆_『ベージュ アラン・デュカス東京』_(4743文字)

【巻末リンク*4:ユウヤのニューボード】

【サーフィン研究所年末特大号】寒波のトレセロとタキビ神_サーファーズでKOKOMOを聴きたかった_(2386文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!