新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】GW後の静寂_シン・ラカ法王_(1971文字)

あっという間にGWの喧噪はなくなり、

さまざまが静かになった。

ベンチュラ・セイジが土佐に里帰りしていて、

マグヤンに会いたいということで待ち合わせて、

一緒にサーフすると、

ショアブレイクながら信じられないほど良い波を得た。

マグヤンの72。

ボンザーでなくフォンザーなのは、

エリック・クリステンソン謹製だからだ。

サーフ後の記念撮影。

この3人はベンチュラでタキビナイト三昧だったが、

あれから何年が経ったのだろうか。

マグヤンがまだ帰らない。

どうも土佐が最高すぎて、

いろいろなしがらみに観念したようにも見える。

別日。

ジェーンという千葉犬の飼い主の仁尾くんのセットアップ。

身体を小さくし、

全身を波の下に落とそうとしている。

完璧だろう。

波乗りとは、

たいていがままならないものだが、

たまにコントロールできたり、

その際の接水状況や重力、

そして速度感などが例えようもないほどすばらしい。

そんな奇跡を求めて海へと向かう。

「最高の波に乗る日」を見据え、

それまで均整的に生きる。

サーファーというのはそんなものだ。

スマグリはんは、

真のハッピーサーファーだ。

いつもニコニコと、

夜勤明けの海で波を待っている。

彼がいるから私はさらに波乗りが好きになれた。

私の友人たちも彼の存在を知って、

さらに海で遊ぶことが楽しくなれた。

ありがとう!

昨日ここに高知市内に向かったと書いたが、

その目的はマグヤンが熱望するyoiyoを体験することだった。

けれど、

yoiyoは超人気店&GWということで予約を取れなかった。

そこで、

市内探訪に詳しい人に他の名店を聞き、

その評判に一同嬉々とした。

もしやと感じ、

「念のため」に聞いてみるとそこは全席喫煙可ということで、

その店に行くことを断念したのだった。

で、

代わりに行ったのが南久保にある「活魚 漁ま」。

ここにはスカシーの河合夫妻と行ったときの良い記憶があったのだ。

この日は活サバがあるというので、

それをいただきご満悦となった。

マグヤンはサバのタタキ定食とし、

バリの山崎さんは「ブリヌタ定食」に感動しきりだった。

本編これで終了します。

【立夏記念:ドラグラ派へのおまけ】

(注意:一般サーファーは見ないほうがいいです。本当)

これは昨年の秋に高知から戻る途中に静岡県に寄り、

さらには法王とカルちゃんと待ち合わせてサーフした記録だ。

足跡がない白い砂浜に、

楽園を連想することができた。

それにしても法王は下半身に水を貯めているが、

これは着替えるときに便利なのだそうで、

なるほどとやってみると本当に脱ぎやすかった。

さすが法王だ。

如来や菩薩の目が半眼(はんがん)になっているけど、

私たちの法王の目もそうなっている。

「映画の脚本を書いてみたよ」

ドラグラ編集部の華厳さんがそう言った。

【シン・ラカ法王(仮称)、正体不明】
突然不明生物【狸獣人(タヌジュウジン)】があらわれ、
その存在が日常となったドラグラ会館。
常識は全く役に立たず、
限界を迎える会館役員は、
狸獣人対策のスペシャリストを集結し、
【狸獣人特設対策室専従班】
通称【狸獣対(タヌキタイ)】を設立。
班長・三蔵瀧朗
溶接作業指導者・DJ VCA
汎用生物学者・ハイカラMが選ばれ任務に当たっていた。

タヌ獣人土曜日近影

タヌキタイ班長撮影

.

狸獣人の危機がせまる中、
大気圏外から突如あらわれた笑顔のラカ法王。
だが良く見ると、
それは法王ではなく…

こんな映画を観たいですと、

現在上映中のドクター・ストレンジについて想いをめぐらせた。

そういえば、

華厳さんが会館にいらしたとき、

水槽内のウナ君を観察していると、

「法王の目は三昧(さんまい)と呼ぶらしいよ」

「中華三昧のさんまいですか?」

「そうだ。でもこの場合の三昧は無心の慈悲を表しているようだね」

「禅定の相ですか?」

「そうだ。慈眼視衆生(じげんししゅじょう)と言って、

法王のは、まさしく慈悲あふれる表情のスタンダードなんだよ」

そんな話をしたことを思いだした。

Photo by Takiro Sanzo

.

上の画像は瀧朗がウナ君を釣り上げた日の法王。

ちなみに写真を撮ったのは瀧朗だ。

(↑こういうのを試験問題文体と言います)

誰かと思ったらアザラシだった。

北の海にはたくさん泳いでいる。

高知に出発する前夜に法王が言った言葉が忘れられない。

「願いごとは実現します。
美しい心には幸運がついてきます」

ありがとう法王!

これも瀧朗PHOTO。

【巻末リンク:ベンチュラ・セイジとマグヤン】

ベンチュラとジェリーナ_サンタモニカとトニーズピザ_(2213文字)

【巻末リンク*2:サーフ歴13,870日を越えて】

【自身波乗り一万日記念特大号】_夢は何のために?_朝陽は天の火_全てを包む海_波乗りはマインドスポーツ、いや宗教!?_石の上にも三年、波乗り日が1万日を越えた日_達人VS入門者_ローカルが一歩外に出るとビジター_海藻漁師_闘牛岬とチャバとタチアガリ_一蓮托生の夏_二万日を目指して_(3751文字)

【巻末リンク*3:5年前のベンチュラ】

キャプション日_メキシカン料理_20年後のモメンタム世代_さよならサバ機_(1938文字)

【巻末リンク*4:大谷翔平くんのMLB初年度】

シークレットとファーマーズマーケット_【おまけMLB】大谷翔平くんのファーストイヤー終盤まとめ_(1809文字)

【巻末リンク*5:法王について】

【特別講演】ダライ・ラカ法王38世『真のサーファー救済へのメッセージ』_(6472文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!