新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所特大号】望月の吉田さんとスマグリはんの毛皮仕様_私が唱える適正体積値『ホノルル』試乗記_ネオ体積/フィン表面積相違と滑走の複眼考と多様な論_(2296文字)

10月20日の月は大安であり、

辛丑、

旧暦は9月15日、

秋土用入という望月だった。

18時を回ったころ、

それは美しい月が青龍寺の東の空から上がってきた。

吉田さんが現れた。

彼はヨシダッペさんとも言われ、

高校生の際は、

伝説の二塁手として甲子園を沸かせ、

いまは農林業のマイク・トラウトだ。

(人格者でもあるという意味もこめて)

農業も有機にこだわって、

「すばらしい生姜を作りはります」

とは四国の偉人タマちゃんの声だ。

調べてみると、

『グリーンホッパー吉田農園』と無印良品のサイトから出てきた。

林業、

つまり木こりとしての恐怖を吉田さんにうかがってみると、

「やはりケガが多いね。しかも重症になるから怖いよ。

いつまでもやっていられる商売じゃないね」

「おいくつになられるのですか?」

「61歳だよ」

「やたらお若いです」

「あの日やってたのはこれかぁ」

そんなことをおっしゃいながら、

キャッチサーフのスペシャル・モデルに目を入れてくださった。

吉田さんは、

純粋でオープンマインドで、

そしてハッピーサーフィンを愛するグッドサーファーだ。

「山に入っていて怖いものはありますか?」

「別にないよ」

「野犬とか幽霊とか出ませんか?」

「現場は大きな音を出すからな。あ、スズメバチが怖いよ。巣があったら最悪さ」

「へー。蜂なんですね。熊はいませんか?」

「(四国に)熊がいるのは剣山(つるぎさん)系だけだね。徳島。高知にはいないよ。あ」

「どうしましたか?」

「タヌ・ビーチに一匹おるね。そういやぁ」

吉田さんは、

タヌ・ビーチのニコニコ・クマさんのことを知っている気配だった。

ニコニコ・クマさんというのは、

スマグリはんこと、

スマイリー・グリズリーだ。

「これかっこええね。65(シックス・ファイブ)くらいかな」

スマグリはんはそう言って、

私の次の試乗用ボード66をつぶさに見ているのだった。

一緒にサーフ・セッションとなり、

外気温14度のなか、

スマグリはんはアネホ毛皮仕様、

私はアーバンのLSスーツ+トランクスでクイック・サーフした。

スマグリはんは、

法王と同様に敏捷で身体能力がとても高い。

なので、

このように1本目からバレルインしていった。

さらに書くと、

初乗りであろうとも、

このシックス・エイトのボードならパーフェクト・セッティングをするのはたやすそうだった。

(シックスエイトについては、巻末リンク*3をご覧ください)

「たやすい」とは、

「かんたん」と同義語だけど、

あえて使わないときがあるのですよジローくん。

「フォートナイトばかりやっていないで海に行こうぜ!」

また話が逸れた。

あまりの滑りに、

重い鋼剣をたやすく扱う騎士みたいな気持ちになった私は、

波のクリティカル・ラインの導入に忙しかった。

高速滑走がやけに楽しく、

ストールエリアでノーズに乗って加速するのか、

減速したいのかわからないサイケデリックなセットアップは、

1970年代のサーフ誌を見ていたからだと断言できる。

トロちゃんは最近何をしているのだろうか。

Corner surfboard Honolulu 6’6″ /43L

.

良い語句を並べ立てたが、

いつものように宣伝文句ではなく、

真からの言葉だ。

その証拠にNAKISURFではこのボードを扱っておらず、

商業的な動機でこのホノルルというモデルの

インプレッションを書いているのではない。

スペックを読むと、

およそ43リットルとあり、

これを先日の0.8推進適正浮力体積法に当てはめてみると、

体重53.75kgとあった。

なので、+−5kgあったとして、

48kg〜59kgサーファーへの適正浮力となる。

(この0.8については巻末リンク*4を参照ください)

信じられないが本当のことである。

ダックダイブもガンガンできるし、

サーフ歴が週一回程度で10年以下のサーファーがショートボードに乗りたければ、

このくらいの浮力は必要だ。

そして何よりも大切なのは、

明日、将来、未来に使う「本当のターン」、

またの名を「長いパワーターン」をこのボードで会得できる。

あまりというか、

ほとんどFUTURE社のフィンを所有していないが、

NAKISURFで発見したあり合わせのフィンは、

通常サイドに、

リアは『トレーラー・サイズ』だった。

もしかすると、

この大小がターンの良い結果を生むのかもしれない。

ラカ太郎くんは、

『ネオ体積/フィン表面積相違と滑走の複眼考と多様な論』

というのを卒論に書いてみてはいかがだろうか?

その研究や実験に協力したいとも思っています。

(中学校には卒業論文はないけど、

提出したら誰かにはよろこばれるはずだ)

ヒザもずいぶんと良くなってきました。

時間はかかるけど、

半月板損傷も自然治癒した一例として記憶いただきたい。

(およそ三年半かかって70%くらいの状態)

昨日ここに登場したコジやんがいくつかIGポストを上げてくれ、

これはその抜粋編です。

【巻末リンク*1:両界曼荼羅】

【ドラゴン・グライド・プロダクションズ】『第39回DGP両界曼荼羅歌合戦』の曲順_(1387文字)

【巻末リンク*2:昨年の両界曼荼羅】

【ドラゴン・グライド・プロダクションズ】『第四十回DGP両界曼荼羅歌合戦』の曲順_(2755文字)

【巻末リンク*3:シックス・エイトを千葉で乗ったポスト】

【サーフィン研究所】タキビ・カラーの千葉ジェフリーズ_アジテーションのシックス・エイト_(1377文字)

【巻末リンク*4:ネオ適正体重の求め方】

【サーフィン研究所特大号】夢波でミッドレングス考_『体重 x 0.8=適正ボード体積』_サーフ雑誌編集者のシンジツの適正体重_(2322文字)

Happy Surfing and Happy Lifestyles!!